ばっちり!なアイラインは「美しいもの?」

道行く人の顔を見ていると・・・「あの人は自分の顔の特徴を捉えることができていないのかな」と感じるときがあります。例えば本当に綺麗な二重をしているのに・・・その目を黒く塗りつぶしているので目を大きく見せることはできるのですが・・・どこか「不自然」「塗ったような目」になってしまう人もいるものです。

これだけたくさんの情報があり、いろんなメイクがあるというのに「自分に合ったメイク」をしらないまま大きくなってしまったかのような印象を受けるのです。あなたのメイクはどんなメイクですか?また・・・「こんな感じ」というイメージはできているのに・・・「どうやったらいいのかわからない」ととりあえず自分の中にある「イメージのメイク」を真似ようと知識を総動員してみたり。綺麗になろうと努力することはとてもいいのですが・・・全体的に見ると「見せるところ」つまり「出すことろ」ばかりで引っ込みがつかない。なんだか顔がごてごてしているような場合があるのです。なので都会などには「舞台メイク?」なんて人がたくさん歩いているものですね。

綺麗の概念が「ナチュラル」だけであるとは言いません。ですが、よほどメイクの上手い人でない限り・・・「アイラインの重ね塗り」が上手くできる人はいないものです。一見「上手にできた」と思っても、総じてみると「ん?」なんてものだってあるのですから。だからこそ、美しさを欲するのなら「ナチュラル」が一番てっとり早いでしょう。アイラインでまつげの間を埋め、ビューラーでまつげを上にあげましょう。そしてマスカラをたくさん塗るのです。そうすることで、「ぱっちりとした目」を手にすることができるでしょう。

普段アイラインをたくさん消費してしまう人にとっては・・・そんなことで大きな目を作ることができるのか?と思う方もいるでしょう。まずはものの試し。その日家を出なくてもいいので試して見ませんか?自分の目のいいところを生かしましょう。

日和ドラマ

大阪のホットなグルメ情報はこちら!

業界トップの買収率!本・DVDの買取ならBOOKRIVERにお任せ下さい!

ウイナーズネット